ヌリカエ 評判・口コミ|悪質業者に依頼しないために

外壁塗装一括見積もりサイト、ヌリカエ 評判・口コミや特徴、ヌリカエのメリット・デメリットなどをご紹介しています。

外壁塗装 40坪 相場

40坪の住宅の外壁塗装、相場の価格はどれくらいの金額になるのでしょうか?

外壁塗装に使用する塗料の種類などによっても価格は変わりますが、40坪の外壁塗装の相場としては、80万円~140万円前後を見ておかれると良いです。

外壁塗装では坪数ごとの相場を抑えることも、悪質業者に引っかからないようにする重要なポイントです。

見積りで相場価格の範囲内であったとしても、他の塗装業者よりも高額な費用請求になっている可能性もあります。

そのため決まった価格が無い外壁塗装では、相見積もりを取り、

・外壁塗装費用の比較
・工事内容の比較、確認

といったことが欠かせません。

この記事では、外壁塗装 40坪の相場についてご紹介しています。

塗料によって変わる外壁塗装 40坪の相場価格

外壁塗装は使用する塗料によって大きく価格が変わります。

40坪の外壁塗装の費用であれば、相場として、

・アクリル塗料  60万円~75万円
・ウレタン塗料  70万円~80万円
・シリコン塗料  80万円~100万円
・フッ素塗料   100万円~120万円
・無機塗料    120万円~140万円
・遮熱・断熱塗料 120万円~140万円

といった相場でお考えになると良いでしょう。

外壁塗装と一緒のタイミングで屋根塗装もする場合、上記の価格相場に20万円~30万円ほどが上乗せになります。

外壁塗装の費用価格が変わる理由

外壁塗装の費用は本当に見積もりを取る業者により、金額が変わってきます。

なぜ、こんなに屋根塗装や外壁塗装の費用が変わってくるのでしょうか。
それにはやはり費用価格が変わる理由があります。

住宅の外壁の状況による費用の違い

外壁塗装をする住宅によって塗装面積も変わりますし、劣化状況も異なります。
住宅の形状に合わせて足場の費用も変わります。

塗料を塗り替えるだけではなく、外壁の劣化具合によっては補修費用が必要になる可能性もあります。

そうなると、外壁塗装の費用はどんどん高額になっていきます。

外壁塗装の費用を安く抑えたいのであれば、外壁の劣化が進んで大がかりな補修が必要になる前の時期に、外壁塗装の工事をすることがおすすめです。

また外壁の種類によっても費用は変わります。

・モルタル
・サイディング
・漆喰
・ALC
・タイル

塗料の種類による費用の差

外壁塗装に使われる塗料によって、費用が変わります。

塗料に限りませんが、グレードの良い素材を使えば、モノの値段は上がりますよね。

外壁塗装に使用される塗料もグレードが高ければ費用も高額になります。
そしてその分、耐用年数も長くなりますし、高機能になります。

・アクリル塗料  1,000円~/㎡
・ウレタン塗料  1,500円~/㎡
・シリコン塗料  1,800円~/㎡
・フッ素塗料   3,500円~/㎡
・無機塗料    4,500円~/㎡
・遮熱・断熱塗料 4,500円~/㎡

といったように、同じ塗料であってもメーカーの違いなどもありますし、塗装単価表の在庫状況などによっても価格は変わってきます。

塗料の中でもさらにグレードもありますので、実際の費用は見積もりを出してもらわないと分かりません。

遮熱・断熱塗料としてはガイナ塗料が有名ですね。

高額な塗料にはなりますが、

夏は涼しく、冬は暖かい

住宅にすることが出来ます。

中間マージンが発生している

ハウスメーカーや大手リフォーム会社、工務店にも外壁塗装を依頼することは可能ですが、下請け業者が実際には塗装を担当します。

その際、下請けの塗装業者に仕事が発注される時点で、ハウスメーカーなどに中間マージン(仲介料)が発生します。

これが思った以上に高い費用となります。

数十万円の仲介料になることも少なく無いですし、仲介料が発生するということ下請け業者は仲介料を引いた金額で自社の利益を確保し、塗装を行うことになります。

そのため、手抜き工事をして利益を確保する、といったことも行われやすくなります。

外壁塗装の費用を少しでも安い費用で抑えるには、中間マージンが発生しないように、自社施工の塗装業者に依頼することがおすすめの方法となります。

中間マージンでお金が抜かれない分、質の高い塗料を選ぶことが出来るなど、自社施工の塗装業者に依頼するメリットは大きいです。

外壁塗装の相場、金額に幅があるのを前提に相見積もりをする

外壁塗装の相場はありますが、実際には価格は大きく変動する可能性があります。

とはいえ、外壁塗装の相場よりも高額過ぎる見積もりを出すような悪質業者はいますので、そうした悪質業者に引っかからないようにするためにも、まずは相場を抑えることは重要です。

シリコン塗料を使用した外壁塗装で、160万円などの費用を請求されるのはさすがに高額過ぎます。

最初に高額な見積り金額を出しておいて、50万円の値引き、80万円の値引きといった方法も悪質です。

大きな値引きをしてくれたから良い業者だ、と考えてはいけないですね。

相場を超える高い費用を見積る業者は悪質業者だと疑ってかかり、その場で契約する素振りを見せてはいけません。

また自信がない場合には、家族と相談して外壁塗装を考えます、など答えることも重要になります。

外壁塗装、見積もりの注意点

外壁塗装、見積もり時の注意点を最後にまとめますと、

・相見積もりは大切
・地元の優良塗装業者に依頼する(中間マージン無し)
・対応が良く信頼出来る業者を選ぶ
・焦って業者を決めない

などは大切なポイントになるといえるでしょう。

40坪の外壁塗装になると、塗装面積も大きくなりますから使用する塗料でも費用は大きく変わってきますし、相場価格も高額になりやすいです。

費用を抑えようという意識が強すぎて、手抜き工事をするような見積り費用の安い業者を選んでしまわないように注意が必要と言えます。

外壁の一括見積もりを取る方法として、一括見積もりサイトをおすすめしています。

⇒ ヌリカエ 評判・口コミ

も参考にしてみてください。