ヌリカエ 評判・口コミ|悪質業者に依頼しないために

外壁塗装一括見積もりサイト、ヌリカエ 評判・口コミや特徴、ヌリカエのメリット・デメリットなどをご紹介しています。

外壁塗装の費用を安くする

外壁塗装の工事、リフォームをするにあたり費用を少しでも安く抑えたい、ということは多くの方が考えます。

外壁塗装の費用、高いですからね。

普段、暮らしている中で100万円前後の買い物をすることって滅多に無いと思います。
車の購入に次ぐ金額かもしれません。

海外旅行だって100万円するような費用は滅多にないと思います。

そんな外壁塗装、費用を安く抑えるコツがあります。

少しでも屋根・外壁塗装の費用を安くしたい場合には、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装の費用を安く抑えるコツ

外壁塗装は先延ばしするリスクが大き過ぎます。

ひび割れ、チョーキングといった塗料の劣化症状が出てきた場合、外壁塗装の時期となります。

外壁塗装の塗料には建物を雨水などから守る役割がありますが、一般的には10年前後で塗料が劣化しますので防水機能などが失われていきます。

同様にシーリングも劣化しますので、外壁塗装の時期に合わせて打ち替えることが基本です。

そのため外壁塗装の工事には100万円前後の費用がかかることになります。

少しでも外壁塗装の費用を安くしたい、と思うのは当たり前です。

そのため、費用を少しでも安くするためにぜひ以下をチェックしてみてください。

外壁塗装業者から相見積もりを取る

外壁塗装の費用は業者によって異なります。

職人さんへの人件費、塗料の在庫状況、足場のリース代など業者によって異なる費用部分もあります。

また外壁塗装の工事内容に関しても、塗装業者によって変わる部分もありますので工事内容を比較することが大切です。

相見積もりは3社程度で取ると、比較がしやすいのでおすすめです。

必要な施工を抜いて安くしている業者、といった場合も見積書を比較することで見抜きやすくなります。

複数の塗装業者の見積書を比較することで、費用相場に関しても分かるメリットがあります。

見積り価格が安い業者に対して、さらに値引き交渉をするという方法もあります。

外壁塗装の工事をするにあたり、相見積もりは必須といって良いでしょう。

現金払いにする

塗装業者にとって、最も嬉しい支払い方法は現金払いです。

最近はクレジットカード払いにも対応している業者も増えてきましたが、カード払いは業者としてはカード会社に手数料が取られるため、利益が減る支払い方法です。

そのため、カード払いにすると値引きキャンペーンなどが利用出来なくなる業者がほとんどです。

当然、値引き交渉も難しいです。

少しでも外壁塗装の費用を安く済ませたいのであれば、現金払いにすることがおすすめです。

塗装業者が暇な時期に塗装する

外壁塗装は繁忙期、閑散期(とまで暇ではないかもしれませんが)があります。

外壁塗装のベストシーズンといわれる時期は、優良塗装業者、人気の塗装業者は予約で一杯となりますので、新たに依頼を受けるのが難しい状況です。

夏と冬はそこまで忙しい時期ではないため、割引キャンペーンを行って塗装したいお客さんを集めている塗装業者もあります。

雪が降るような降雪地域の場合には冬は塗装工事が出来ませんが、本州であれば冬も問題無く外壁塗装ができる業者が多いです。

重要なのは、それぞれの季節に合わせた塗装、施工管理が出来ることです。

季節に合わせ、施工実績が豊富な塗装業者に依頼すれば問題無く屋根・外壁塗装を完了することが出来ます。

スケジュールに余裕がある季節には、値引きしてもらえることも多いので費用を安く抑えたい場合には、ぜひ検討する価値のある季節といえます。

値引きキャンペーンをしている塗装業者を狙う

外壁業者の中には、時期により値引きキャンペーンを行っているところもあります。

早期予約キャンペーンなどの場合もあります。

10%オフなど割引されると、価格が高いだけも節約効果は大きいと思いますよ。

完全自社施工の塗装店に依頼する(中間マージンの無い業者)

外壁塗装の費用がさらに高額になる理由として、中間マージンがあります。

特に新築の際に依頼したハウスメーカーに外壁塗装も依頼しようとする場合、多額の中間マージンが発生することが多く、費用が高くなります。

大手ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社は、屋根・外壁塗装の取り次ぎはしますが、実際の施工に関しては塗装業者に下請けに出します。

そこで数十万円という中間マージンが発生します。

外壁塗装の費用を少しでも安くしたいのであれば、中間マージンの発生が無い、地元の自社施工の塗装業者に依頼することが鉄板といえます。

屋根・外壁塗装に助成金(補助金)が支給されるか調べる

お住まいの自治体によっては、屋根塗装、外壁塗装で助成金の支給が受けられる場合があります。

助成金が受けられる条件として多いのは、

・断熱塗料
・遮熱塗料

を使用し、省エネ効果が見込まれる塗装やリフォームとなる場合です。

また塗装工事をする業者の登記もあること、など条件も色々とあるのが一般的ですから助成金の申請をお考えであれば、条件を事前にしっかりと確認する必要があります。

助成金の金額は数万円~20万円前後が多いです。

数万円でも助成金が出るのでしたら、検討されてみても良いのではないでしょうか。

業者によっては助成金の申請もサポートしてくれます。

外壁塗装を安くするための相見積もりを取る方法

外壁塗装の費用を少しでも安くするためのコツを見てきました。

重要なのはまず相見積もりを取り、元々の価格が安い業者を選ぶ、ということです。

その際、工事内容も比較して抜けが無い事も確認することが重要です。

シーリング打ち替え、付帯部塗装なども重要ですね。
そうした必要な工事が含まれた外壁塗装の費用を比較しなくてはなりません。

外壁塗装の一括見積もりを取る方法としては、一括見積もりサイトを利用する方法がおすすめです。

塗装業者は本当に数が多く、一つ一つ調べて見積り依頼をするのはとても大変です。

ヌリカエという一括見積もりサイトをおすすめしていますが、利用者も増えており、口コミ・評判も良いものが多いです。

⇒ ヌリカエ 評判・口コミ

も参考にしてみてください。

ヌリカエは加盟のための審査が厳しく、優良な塗装業者が多いことが特徴の一括見積もりサイトです。