専業主婦が旦那に内緒で債務整理する方法

どうしても夫にバレずに借金減額をしたい、債務整理をしたいといった場合には、任意整理を軸に手続きを検討されると良いのではと思います。

旦那に内緒で債務整理をする

夫に内緒の借金、バレずに債務整理することは可能

夫に内緒の借金がある、という専業主婦が債務整理で借金問題を解決する・・・ということは可能です。

専業主婦も債務整理をすることが出来ます。

債務整理には3つ手続きがありますが、

・任意整理
・個人再生
・自己破産

この中で、最も周囲にバレにくいのは「任意整理」の手続きとなります。

どうしても夫にバレずに借金減額をしたい、債務整理をしたいといった場合には、任意整理を軸に手続きを検討されると良いのではと思います。

「結婚前からの借金があって、どうしても返済が難しくなってきた・・・」

「生活費の補填のために少額の借金だけ、最初はすぐに返済していたんだけど・・・」

「ストレス発散のためにリボ払いで買い物をしていたら、限度額一杯になってしまって・・・」

専業主婦ですから、自由に使えるお金には限りがあると思います。

しかし、返済に回せる金額には限界があり夫に内緒で任意整理、自己破産をしたいという専業主婦の方は思っている以上に多いようです。

なぜ、任意整理は家族にバレない?

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉をして和解内容を決めていくことになります。

費用が他の債務整理に比べて安く済みますし、必要な書類も少ないこと、また弁護士など債務整理の専門家に丸投げすることが出来る、といったことから家族に内緒で手続きを進めやすくバレにくいんですね。

個人再生と自己破産は裁判所に申し立てをすることが必要な債務整理の手続きですから、裁判所に行く必要があります。

書類も裁判所から届くこともありますので、バレやすいのです。

専業主婦の場合、継続した収入がありません。
そのため、継続した収入があることが条件の個人再生は出来ません。

また、自己破産は夫の収入証明が必要になったり、水道光熱費を口座から引き落としている場合には通帳が必要になったりと、バレずに内緒で自己破産の手続きをするのが非常に難しいのです。

そのため、裁判所を通さずに手続きが出来る任意整理が、最も夫にバレにくい債務整理の手続きとなります。

専業主婦が任意整理をするデメリットとは

専業主婦が借金問題で任意整理をするデメリットについてまとめておきたいと思います。

任意整理を考えるにあたり、不安に思うことの多くはこのデメリットに関連したものではないでしょうか。

特に信用情報機関にブラックリストとして載ってしまうことへの恐怖を感じている主婦の方も多いのではと思います。

私が任意整理をすることで、夫や子供に何らかの悪影響が出てしまうのでは・・・という心配をお持ちの方もいるかもしれません。

しかし、そうした心配はいりません。

任意整理をすることでブラックリストに載るのはあくまで任意整理をした本人のみです。

それによって家族の信用が傷つくと言ったことはありません。

ですから、旦那さんが会社員で安定した収入があるのでしたら、これまで通り夫名義のクレジットカードは問題無く使えますし、夫名義であれば車も住宅などのローンも審査に通ることは可能です。

クレジットカードが使えなくなると、買い物に不自由・・・といった生活上の心配がある主婦の方も多いと思いますが、ご主人名義で家族カードを作ってもらえば使用することが出来ます。

あくまで任意整理をした人名義ではクレジットカードが作れず、使えず、といったことになります。

子供の奨学金について

専業主婦の方が任意整理をすることによって、子供の奨学金に影響があるのでは?
という心配を持つこともあるかもしれません。

しかし、お子さんの奨学金に関しても特に借りれなくなる、といったことはありません。

ただし、任意整理をした人は奨学金の保証人にはなれませんから注意が必要です。

「お母さん、保証人に名前書いて」

と万が一言われたら、なにか上手い言い訳が必要になるかも知れませんね。

専業主婦が任意整理をする時、どんなことに注意する必要がある?

専業主婦の方でも任意整理が出来ますが、特に重要な注意点は、

・弁護士費用
・任意整理の後の返済金

です。

任意整理は返済を継続して借金を全額返すことが目標となります。
原則3年での返済を目指す内容で貸金業者などと和解することが多いです。

しかし任意整理後、途中で返済不能になったり返済が滞ることになると、改めて自己破産をする必要があります。

実際、主婦が夫に借金していることをバレたくない、と任意整理をしたものの・・・結局、継続して借金返済をするのが難しく自己破産をした、という事例は多いと言います。

自己破産をすると家族にはバレやすいですから、せっかく今まで任意整理を隠し、借金返済を隠してきたことが無駄になってしまいます。

弁護士費用に関しては、今まで返済にあてていたお金を回すことが出来ますから、それで費用を支払えるケースは多いです。

弁護士さんは貸金業者と違い、当然ですが依頼者に寄り添って色々と検討してくれますから、費用も支払いが生活を圧迫しないような金額で、分割払いでOK、といったように払いやすく考慮をしてくれます。

借金返済の方法を無料で診断出来る借金減額診断シミュレーター

任意整理をしたい、それも夫に内緒で。

でも自己破産とどちらが良いか、借金の総額から迷っている・・・といった主婦の方もいらっしゃるかもしれません。

そうした場合なども含めて、借金返済がどれくら債務整理によって可能かを診断してくれる無料サービスがあります。

⇒ 債務整理に強い!法律事務所の借金減額診断シミュレーター

実際に任意整理を手続きする前に、こうした借金減額診断シミュレーターを利用してどれくら借金減額が出来るのか、自分にあった債務整理の手続きは何かといったことを相談することも可能です。

借金は放っておくと、どんどん増え続けてしまいます。

借金が返せなくなると、督促が来るようになってしまいます。

旦那さんの会社にも督促状が届く可能性もありますし、裁判所に訴えられる可能性もあります。

借金問題は返済が難しい、返しても返しても元本が減らない・・・といった状況になったときは、出来るだけ早めに借金問題の専門家へ相談をされるのが良いのではないでしょうか。